translation missing: en.general.language.dropdown_label

0 Cart
Added to Cart
    You have items in your cart
    You have 1 item in your cart
      Total

      色紙 Shikishi

      色紙とは

      現在、色紙はしきしと読まれ、書や歌、あるいは絵を描いて飾るなど、少し特別な紙として親しまれています。色紙という言葉は、もとはいろがみから発したといわれています。平安時代から、色の付いた綺麗な紙いろがみに和歌などを書いて、屏風などに貼付けて楽しむということが行われていました。

      次第に絵画の分野でも、仏教絵画では経文の一説、中国絵画には漢詩、やまと絵には和歌、というように、画面の隅に主題を書き込んだ紙を貼ることで、絵画の内容を示すという手法が取り入れられるようになりました。こうした形式が、色紙形(しきしがた)と言われるようになり、しきしという言葉が、次第に定着していったと考えられています。

      色紙の広まり

      室町時代には、書や歌を書く為の紙として、色紙そのものが盛んに作られるようになりました。書を書いた色紙が、贈答品とされることもあったようです。この頃には、色紙の寸法や書式などにも決まりごとが現れ、身分によって使う色紙の大きさが異なったり、歌の名家それぞれに、記名の仕方、文字の散らし方などに決まり事があったりしたようです。

      江戸時代には、本阿弥光悦、俵屋宗達ら、高名な書家や画家が手がけた色紙も作られました。それらは、そこに書かれた書だけでなく、色紙自体も貴重なものとされ、美術館などで大切に保管されているものが多くあります。しかし、良質な素材で構成された色紙は、保存性が高く、変色や染みも少ない為、長く鑑賞を楽しむ事ができます。


      色紙の使い方

      今日、色紙は、筆、ペン、絵の具、コラージュなど、様々な手法で装飾がなされ、昔と同じように、贈り物としても親しまれています。そのまま飾ったり、額に入れたり、あるいは色紙を飾る為の掛け軸色紙掛けを使うなど、多様な飾り方があります。

      楮紙を糊で何層も貼り重ね、表面に装飾を施した、古来変わらぬ方法で作られた色紙は、尖ったペンでは書きづらい場合もあり、適切な筆記具を選ぶ必要があります。


      短冊とは

      現在、一般的に、大きく四角いものが色紙、細長いものが短冊、というようなイメージがあるように思われます。しかし本来、短冊と色紙は、由来や歴史が大きく異なります。

      古代、薄い木や竹の皮を細長く切った木簡に始まり、文字や記号を書いてメモや書簡として使う細長い紙片などを、短冊と呼びました。神仏への祈りの場や、占いの場でも用いられるなど、短冊は、礼儀や作法に基づき、使用されることが多かったようです。

      鎌倉時代には、歌を詠む際に、短冊を使用することも一般的になり、江戸時代になると、絵や詩を記すなど、多様な場面で用いられるようになりました。こうして多くの貴重な書が短冊に記され、名品として今日に伝えられています。そこに記された書の他、紙の装飾もまた、短冊を使用、鑑賞する際の楽しみとなります。


      短冊の特徴

      現代でも、基本的に昔と変わらぬ使い方がなされる短冊は、従来通り、使い方や書式に、慣例や作法が重んじられる傾向にあるようです。

      短冊に記されるものは、文字や絵にしても、比較的シンプルであり、余白が重視されます。その分、下地となる紙には、鮮やかなぼかし染めや、金箔や金粉、継ぎ紙などによる、凝った装飾が施されたものが多くあります。

       

       

      Sorry, there are no products in this collection