NEWS

辻村史朗と茶盌の不思議

投稿者 : ㈱かみ屋 on

「茶盌ってホンマ不思議なもんなんですよ。 色々作ってきたけど、こういうもんは他にはないですねぇ。」 焼物の中で、茶盌はとても不思議な存在だ。何せ値段が他のものと比べて圧倒的に高い。「これが茶盌か茶盌じゃないかで、似たようなもんでも値段がちゃう。」と冗談を言う辻村さん。  お米を中心とした日本で、茶盌ほど日常的な器はない。どこの家庭にも必ず一つはあるであろうお茶碗。地球上様々な文明や地域で太古の昔から、使い尽くされてきた最もシンプルな形の器。 ある禅宗の高僧が、朝の勤めを終えて抹茶を喫す。お茶を楽しんだあと、1時間でも2時間でも時を忘れて、茶盌のあらゆる場所を見つめ、撫で回し、赤子をあやすかの如く茶盌を抱く。「こうして毎日茶盌を抱いていたら、ええことありますよ。」そう言って笑っていた。 あるアメリカの友人は、今日の一盌を選び、とっておきの場所におく。フランク・ロイド・ライトが設計した三角形に迫り出した窓から差し込む光や、家の脇を流れる川の水面に反射する光が茶盌を照らす。朝から晩まで、時間と共に変化する光が照らす茶盌を眺めて過ごす時間が、人生の最高の時間の一つだと手紙をくれた。 あるロシア人の実業家は、たくさんの辻村茶盌を買い求めロシアに持ち帰り、その茶盌を鑑賞するためだけの部屋を作った。ビジネスの厳しい重圧から自分を解き放ってくれる唯一の場所として、その部屋で茶盌に触れることが人生の癒しであり慰めだと言う。   日本民藝館で一つの大井戸茶盌と出会ったことから、辻村さんは焼物を、茶盌を作ることを始める。その出会いを、後にこう書き残している。 ・・・・。今になって考えてみると、なんて気持ちの安らぐ茶盌だろうか、・・・それはむしろ茶盌というより、人間と相対しているような状態、大母性大慈悲心と向かい合っているような心持ちになったとしか表現できません・・・。 茶盌を覗き込むとそこには宇宙がある、そんなことを誰かが言ったそうだが、ある種の人たちにとっては本当に宇宙そのものなのだろう。手にする人とそういう関わり方をする焼物が他にあるだろうか。  用のものである茶盌。覗き込むとそこには、茶だまりがあるだけである。そこに宇宙を「見つける」ことができるかは、その持ち手自身にかかっている。茶盌はとても不思議な存在だ。

続きを読む →


辻村史朗の花器 2021冬

投稿者 : ㈱かみ屋 on

「1、2時間山を歩いて、ええ枝を探すんや。枝が見つかったら、そんで8割は仕事が終わったようなもんやなあ。なっかなか、良い枝は見つからんなぁ。」 そう笑う辻村さん。山の中で暮らしている辻村さんであっても、良い枝を求めて山の中を探し回る。あとは投げ入れるだけ。選び抜かれたものだからだろうか。花入の中で、まるでそこにずっと前から生えていたような、そんな自然な美しさがある。 誰かを迎えるために、そんなに時間をかけて花を探すのか、、、。その心意気に、思わず息を飲む。その辺の枝をポキッと折って投げ入れただけ。一見そう見える。そんな穏やかな美しさ。華道家があれやこれやと手と技の限りを尽くして生けた「作品」のようや緊張感は微塵もない。   ・・・。粗けずりな強い個性というものは、一つ間違えば下手となる。まさに紙一重なのである。下手にならずにいるのは、彼のうちなる伝統とも呼べるようなものが存在しているからだというような気がする。・・・・。彼は個性のひかりどころをよく知っている。それは個性の殺し方を知っているということでもある。   1989年の別冊太陽no.337の中で、川瀬敏郎さんが辻村さんについて書いた記事を目にする機会があった。(P.134 ~ P.135) なんだか妙に納得できた。辻村さんの焼物は一眼で辻村さんとわかるけれども、特異な形をしているわけでも、奇抜な釉薬がかかっているわけでもない。お茶を点てればお茶が美しく映え、手の中にすっぽりと収まり、お茶を抱きかかえているような気持ちになる。花を生ければ、あれだけ存在感を放っていた花入は、さながら名脇役のように花を引き立てる。個性が前面に出てきて邪魔することがない。 花入の中の美しい花が、時間をかけて選び抜かれたものであるとは一切感じさせない。この一つを焼き上げるために、振り返れば何千、何万の焼物が列をなしている。そんな「跡なき工夫」がより一層カッコよく思えてくる。 「好きで毎日やっとたら、段々と上手になるから、続けてみ」 そんな言葉を励みに、今日も花を入れながらウーン。なかなかうまくいかないなぁと首を捻る。皆さんもよかったら一つ試してみてください!ローマへの道も一歩から!

続きを読む →


辻村史朗の粉引の器

投稿者 : ㈱かみ屋 on

いつもご覧頂きましてありがとうございます。これまでの装いを少し新たにした「2021冬コレクション」今回はその中から昨年の秋コレクションでは完売となったお皿をはじめ、日常遣いのテーブルウェアとして一番人気が高い粉引の器をご紹介致します。 粉引銘々皿(四方)(約14x14x3cm)価格2万円 粉引銘々皿(長方形)(約20x10x2cm)価格2万円 粉引銘々皿(丸)(約12x12x3cm)価格2万円 粉引銘々皿(三角)(約8x22x3cm)価格2万円 粉引八寸皿(約24x24x5cm)価格18万円 粉引ドラ鉢(約26x26x5cm)価格18万円粉引片口(特大)(約23.6x30.4x15.5cm)価格30万円   辻村家でのお食事は、いつも決まって粉引の銘々皿が使われます。辻村家での食事の様子を撮影した写真に写り込んでいることが多く、その為なのかとても人気です。取り分け皿としては勿論のこと菓子器やちょっとした物に便利で、カタチも丸三角四方長方形とさまざま。日本のお菓子は形や色味が綺麗なことが多く、お菓子のデザインを邪魔することなく、美しく盛り付けることができます。 また八寸皿やドラ鉢は数名でいただくお食事にも、最適です。辻村さんは、毎朝ドラ鉢いっぱいのサラダを必ず召し上がるそうです。サラダに、ナッツを砕いてのせて食べるのが今のお気に入りだそうです。 一般的にはお酒を注ぐため片口。特大サイズの片口は、大きい鉢のような使い方が最適です。例えば煮物やサラダをたっぷり入れる大容量ボウルとしてのご使用もおすすめです。特大サイズの片口に、大量のお酒を入れた大宴会も楽しいかもしれません。 粉引の器は表面が釉薬でコーティングされているため、洗い物が楽という日々使う上で嬉しい点もとても魅力。色合いは白を基調として柔らかさがあり、季節問わずどの料理食卓にも馴染むはずです。是非、普段お使いの器の仲間入りにしてはいかがでしょうか。     粉引の器コレクションはこちらから

続きを読む →


辻村史朗のワインカップ・シャンパンカップ

投稿者 : ㈱かみ屋 on

「志野の茶碗でシャンパンを飲むのは最高だよ」 いつもご覧いただきありがとうございます。かみ屋オンラインショップの中でも人気定番商品のカップシリーズに新たにシャンパンカップが加わりました。 冒頭の言葉は、辻村さんのご友人のお言葉です。茶盌でシャンパン!?と聞くと、ミスマッチの様に感じますが、実はとても理にかなっているそうです。ご存知の方も多いと思いますが、実はシャンパングラスには細長いグラスの底に、小さな傷やマークがつけてあります。そこからシャンパンの泡が発生する仕組になっているそうです。 志野の焼物には、よく見るとたくさんの小さな穴が空いています。その穴が、シャンパングラスの底にある傷の様な効果を発揮し、何本もの泡が立ち上り、混ざり合い、味わいがとてもマイルドになるそうです。また、お茶碗の丸い、また縁に返りのある形状は、シャンパンやワインのもつ香りを閉じ込め、一口飲む毎にその香りを楽しむことができます。 そんなご友人の発見から、志野でシャンパンカップを作ることになったそうです。志野の肌合いだからこそ引き出されるお酒の味わいと香り、とても興味深いお話です。 “狭いグラスでは、 シャンパンが持つ表現力を 最大限に発揮することができない “  現クリュッグ・ディレクターのオリヴィエ・クリュッグ氏   ワインカップ(粉引)約9.0x9.0x6.5 価格2万円ワインカップ(井戸)約9.0x9.0x6.5 価格2万円シャンパンカップ(志野)約10.0x10.0x7.5 価格5万円 ※こちらはサイン入り共箱付きです ワインカップとは形状サイズ共によく似ていますが、シャンパンカップの方がひと回り大きいです。どちらも比較的深さ容量があるので、ワインシャンパンはもとより飲み物以外で例えば小鉢としてお使いになるのもいいかもしれません。他の辻村作品同様ひとつひとつ模様の出方、形も僅かに異なるので自分のお気に入りを見つけるのが楽しくなりそうです。また、今回ご紹介する志野の釉薬はとても雰囲気が柔らかく、お使いいただく毎に「味」がつき、表情が変わっていきます。そんなところもお楽しみいただけると幸いです! シャンパンとワインカップのコレクションページはこちらから

続きを読む →


20-21 Winter Collection Start

投稿者 : ㈱かみ屋 on

We are happy to announce our 20-21 online winter collection has started. It has to be started before, but we could finally launch the web. Normally our seasonal collection is 3 months, but this winter collection is for only 2 months. One of the highlight of the collection is Shino Champagne Cups. Since the end of 2019, Tsujimura has been working on Shino pieces. He tasted literally hundreds of times to test clays, glazes and fires. Some of you are familiar with his "wine cups", but this "Champagne" is larger and almost like a trip tea bowls. We believe that...

続きを読む →


日本語
日本語
日本語