新型コロナウイルス感染症の影響により、 配送物のお届けに影響がある可能性がございます。 詳細はこちらをクリックしてご確認ください。
0 カート
カートに追加されました
    カートの中に個の商品があります
    カートの中に1個の商品があります
      小計

      辻村 史朗

      小屋を造ることも、絵を描くことも、焼物をすることも、 売りにゆくことも、自分にとっては同じ一つのことなのです。
      — 辻村史朗「器と心」

      辻村史朗は奈良の大自然の中で、日々物づくりと向き合っている。土を捏ね、ロクロを回し、焼く。キャンバスに絵を描き、墨をたっぷりと含んだ筆で紙の上に描く。師は持たず、ただただ今も昔も人が美しいと思うものを作りたい。その一心である。

      焼物を焼けば、日本の歴史上比類なき作陶家の一人であることは広く知られている。油絵も、画家を自称する多くの人たちよりも、はるかに沢山の絵を描き、どの書家よりも多くの墨と紙を使う。30歳を前に自ら建てた寺の廃材を利用した家は、世界中の建築家が見学に訪れるほど人々に愛されている。近所の肉屋で自ら目利きした肉を焼けば、世界の一流料理人たちが目を丸くする。

      辻村史朗が作り上げてきた暮らし、生き方そのものが人々を魅了する。