0 カート
カートに追加されました
    カートの中に個の商品があります
    カートの中に1個の商品があります
      小計

      井戸

      辻村氏が作陶を始めたきっかけとなったのが、この井戸。

      安土桃山時代に朝鮮から伝わり、主に茶器としてつくられる。

      高台部分に見られる白い釉薬のちぢれ(梅花皮かいらぎ)が特徴である。

      飴色の表面に厚く掛けられた艶あるミルク色の釉が、優しくも気品を感じさせる。