0 カート
カートに追加されました
    カートの中に個の商品があります
    カートの中に1個の商品があります
      小計

      かみ屋ブログ(仮)

      9枚目 りんごをいただきました

      9枚目 りんごをいただきました

      明日は真冬より寒いって、天気予報で言ってました。どのくらい寒いか楽しみです。

      こんにちは、かみ屋 中の人です。

      最近、お客様にりんごをいただきました。ありがとうございます!中の人たち皆でいただきました!ジャムにしても美味しそうなのですが、そのままで美味しいので、ジャムにするのがもったいないです。中の人、料理はしませんがジャムとオニオンスープは作れます。ただ焦げないよう、鍋の前に小1時間立っているだけなので。

      りんごと言ってもいろいろな品種がありますよね...紅玉、ふじ、つがる。有名どころはこの辺りでしょうか。大きさ・甘さ・食感・蜜の具合、同じりんごなのにそれぞれ異なる特徴があります。

       

      辻村さんの焼き物もまた然り。同じ“伊賀ぐい呑”でも、それぞれに個性があるのです。

       

      1つあたり税込27,500円。見方によればクリスマスカラーですし、自分へのクリスマスプレゼントに是非!お気に入りの1つを見つけてください。以上、中の人でした。 かみ屋 中の人

      8枚目 撮影うまくいきました

      8枚目 撮影うまくいきました

      こんにちは、かみ屋 中の人です。

      今日は、最近ずっとやりたい、やらなくちゃと思っていた商品撮影を行いました。商品撮影ってカメラや三脚、ライトなどをセッティングしたり、折角セットしたからには複数の商品をまとめて撮りたい、と何かと時間と思い切りが必要な作業なのです。

      実は中の人の仕事は、営業や販売がメインではないので(そう思っていいですよね?)、どうしてもオンラインストアのメンテナンスが後手に回ってしまいます。今日は商品撮影オンリーで他の仕事は一切しない!ってした方が捗ることに違いありません。かみ屋さんは、一人でいろんな役回りをこなさなくちゃならないのです。

       

      今日の商品撮影は、撮影って言ってもテスト撮影です。版画は色味が見た目と同じでなくてはならないと思っているので、以前取り上げた“Color Checker Passport"という道具を使って再度試し撮りをしました。結果、クレームは来ないレベルで色味を再現できたと思ってます。成功です。なので...

       

      「明日は商品撮影以外の仕事はしません!!」

       

      オンラインストアのトップの画像変えました。スライドショーです。商品ページに飛ぶ、ようにはなってません。もはや夢です。でも叶えなくちゃですね。

      以上、かみ屋中の人でした。 かみ屋 中の人

       

      7枚目 師走になりました

      7枚目 師走になりました

      こんにちは、かみ屋 中の人です。

      今日も東京日本橋は朝から雨でした。月曜日 × 雨は、高確率で朝の通勤の電車が遅れます。本当に東京は人が多いですね。

      さて今日は、辻村さん以外のかみ屋さんの商品について。トップに上げた写真は、“井上有一”の作品です。皆さんご存じでしたか?中の人はかみ屋さんに来るまで知りませんでした。

      井上有一は前衛書家なんて言葉で紹介されることもありますが、つまりは紙と墨の表現者です。(あくまで私の見解ですが)それまでの書家/書道家というのが、書き準通りだったり、基本に忠実に書くとか、いかにきれいに書くかということに主眼を置いてましたが、この井上有一は、例えば墨の濃淡、紙とのコントラスト、書きぶりなどでもって、その文字の持つ意味、もしくはそれ以上のものを表現しようとしたのです。その点が世界的に評価を得ている理由です。

      昨年、フランスで“ジャポニスム2018”という日本文化を紹介する文化芸術イベントが行われましたが、日本を代表する文化の1つとして、この井上有一の作品の展覧会も行われました。

      井上有一「和」

      ところで皆さん、なんて書いてあるか読めましたか?これは彼の作品でも簡単な方です。答えは「和」。これを見て皆さんは何を感じましたか?

      井上有一の落款印

      令和元年もあと1ヶ月。菅さんが発表したときは、「え、なに?れいわ?」なんて反応を皆がしていたのが懐かしく、新元号の文字の作品を紹介してみました。 かみ屋 中の人

       

      6枚目 辻村さんは焼き物だけではない

      東京日本橋は今日も冷たい雨が降ってます。

      どうもこんにちは、かみ屋 中の人です。冬の雨は寒いですね。でも乾燥しないからそれはそれで。かみ屋の事務所は何もせずとも湿度50%を保っております。

       

      今回も辻村さんで行きます。辻村さんの代名詞と言えば、その力強い作風の焼き物ですが、これだけではありません。油絵や、最近では墨で描く抽象画も制作されています。多才ですね〜。今日はこのうちの油絵を少しだけ。では早速。

      『裸婦』 サイズ:SM

      小さくてかわいいサイズの油絵です。そこまで写実的ではないので、掛ける場所はあまり選ばなくて済むのではないでしょうか。実はこの作品、かみ屋の紙倉庫に飾っております。売り物ではないのです。申し訳ない!

       

      『裸婦』 サイズ:SM -150,000円

       こちらは商品でございます。辻村さんの裸婦は、輪郭が強調されていることから男性とは異なる女性特有の体のラインが印象的ですね。

      なんと辻村さんは約50年間、裸婦のクロッキー・デッサンに毎月通い続けているとのこと。今もです。そもそも辻村さんは、作陶を始める前は油絵の画家を志していたのです。

      お言葉を借りますと、辻村さんの焼き物がこれほどに魅力的なのは、焼き物という立体・三次元のものを作る前に、もしくはそれと並行して、平面・二次元の鍛錬を積んでいるからだ、なんて某ファンの方が言ってました。

       

      かみ屋にある辻村さんの油絵

      今回は油絵の中でも“裸婦”をご紹介しましたが、他にも風景なども描かれております。これらはまたいつかご紹介したいと思います。ネタをケチらないと、ネタ欠を起こしてしまいますので。細く長く続けたいですね。 かみ屋 中の人

      5枚目 辻村さんが来た つづき

      5枚目 辻村さんが来た つづき

      こんにちは、かみ屋 中の人です。

       

      昨日のつづき。この3つの茶盌が持ってきてくださった新作の茶盌です。「赤茶盌」と「黒旅茶盌」。新作という表現は正しくないかもですね。以前にも作られていますので。新たに焼いた、といった方が良いでしょう。

      実は中の人、かみ屋さんで“ちゃわん”と聞いた時、ご飯をよそる“茶碗”だとしばらく思っておりました。(だって、ちょうどいい大きさじゃないですか?このような茶碗で食べる白飯は絶対美味しいですし。)話を聞いているうちに、どうやらご飯は食べないらしい、茶器の“茶盌”である、ということがわかり誰にも言えずに今、初めて言いました。

      「盌」という字が常用漢字にないため、よく茶器の“ちゃわん”も“茶碗”と表記されてしまっているらしいのですが、本来は“茶盌”と書くらしいです。

      下の写真を見れば、一目瞭然ですね。辻村さんご本人がご自身が作った“茶盌”を手に持っていらっしゃいます。これは以前持ってきてくださった伊賀茶盌です。

      そもそも辻村さんが作陶するきっかけとなったのが“茶盌”。これまでに様々な種類の焼き物を、それも途方もない数を焼いてこられましたが、殊に茶盌に関しては、どうしたらもっといい茶盌が焼けるか、今までもそしてこれからもずっと追究していくだろう、と以前仰ってました。

      茶盌に対して、並々ならぬ思い入れを感じた中の人でした。 かみ屋 中の人

      4枚目 辻村さんが来た

      4枚目 辻村さんが来た

      どうもこんにちは、かみ屋 中の人です。

      先週金曜日から体調が悪く、更新に日が空いてしまいました。今日の更新でとりあえず三日坊主は回避ですかね。

       

      さて、朝ドラみたいなタイトルですが今日はなんと、辻村史朗先生(本来は当然ながら先生とお呼びするところでしょうが、普段は辻村さんとお呼びしているので、以下いつも通りでいきます。)がいらっしゃいました!そうです、オンラインストアではもちろん、かみ屋別館の店頭でも扱ってます焼き物の作家さんです。

       

      今日は新作の茶碗を持ってきてくださったのと、“箱書き”をお願いしました。箱書は焼き物の入っている桐箱に作家さんのサインをしてもらうことです。一般的に箱書きされた桐箱を“共箱”と呼ぶそうです。こうして作品ひとつひとつに、箱書きしてもらい、商品としてお客様にお渡ししております。このように、ちゃんと辻村さんご本人に書いていただいてます!ドドンッ 

      箱書きされてる辻村さん さくさくと作業が進みます

       

      オンラインストアでの取り扱いはまだまだ少ないですが(ごめんなさいがんばります)、かみ屋の別館では「辻村史朗SHOP」と称して、作品を多数取り扱っております。焼き物だけでなく、油彩画や墨による抽象画もあります。奈良からお越しになるので頻繁にはいらっしゃらないですが、運が良ければご本人に出会えますよ。

      そんなかみ屋別館(ANNEX)はAM11:00〜PM6:00、日曜休みです。祝日はオープンしてます。Google Map https://goo.gl/maps/SzfBhwbNgZQvo6Jo9

      今日の箱書き

      墨を磨って試し書き “磨る”ってこの漢字使うのですね

       

      あ、辻村さんに持ってきてくださった作品の写真撮ってない...撮ったら更新します! かみ屋 中の人